輸入車、外車、中古車の買取査定下取りならワイズプロジェクト。欧州車を中心に日本全国より中古車を高価買取いたします。

東京都葛飾区東新小岩4-25-23 TEL:03-5672-2020 FAX:03-5672-2060 MAIL:info@ysproject.jp 営業時間:10:00~19:00(定休日なし)

VOLVO(ボルボ)買取詳細

ボルボボルボ(Volvo)は、スウェーデンを代表する自動車メーカーで、安全性に対するこだわりを持つことで有名です。世界中の自動車が採用している3点式シートベルトはボルボが開発したものでもあります。主な車種は、S70・S90・V40・V90・クロスカントリー・C30・C70・S40・S60・S80・V50・V70・XC60・XC70・XC90などシンプルで飽きのこない車種が揃っております。

»VOLVO(ボルボ)の買取査定はこちら

輸入車、外車、中古車の買取はワイズプロジェクトにお任せ下さいっ!

ワイズプロジェクトは日本全国に直営の中古車販売店舗を持ち、さらに国内外にワイズグループ独自の中古車流通網をもっているため、他の中古車買取業者様よりも高値で買取が可能です!

さらに!当店ではオプション多数の車や、特色のある車、限定車、希少車、他店では買取れない車などなど、個性の高い車はさらに高価で買取しております。※個人的趣向が激し過ぎるお車は除きます。

スピード査定→即お支払いと最短のスピードでお客様のご要望にお答えしてまいります。先ずはお気軽にお問合せ下さい。

買取価格が他店より高い!!
すぐに売って頂ける場合はさらに高額!!
個性、希少、シリーズ物はもっと高額!!
簡単、スピーディーでお待たせしません!!

ボルボの代表的な車のご紹介

ボルボ V70(VOLVO V70)

VOLVO

ボルボ V70(VOLVO V70)ボルボ V70(VOLVO V70)は、ボルボの中心モデルとなるステーションワゴンで高級感を増した一回り大きくなったボディにはV70初となる直6エンジンを搭載しており、ツインスクロールターボも用意されております。外観はワイドショルダーやボンネットのVシェイプは継承しつつ、これまでの箱形よりラインと傾斜を用いたデザインでダイナミックさを表現し、六角形をモチーフとしたリアエンドも特徴的な仕上がりとなっております。室内は人間工学に基づいた、丸みを帯びた長方形で構成されたデザインになており、独自のフリーフローティングセンタースタックも採用されています。ラゲージはさらに広くなり、電動式パワーテールゲートも装備されております。側面衝撃吸収システムをはじめとする、安全装備ももちろんボルボらしく万全です。
☆ボルボ V70(VOLVO V70)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ XC60(VOLVO XC60)

VOLVO

ボルボ XC60(VOLVO XC60)ボルボ XC60(VOLVO XC60)の説明
全長4,625mmx全幅1,890mmx全高1,715mmと比較的コンパクトなため、プラットフォームはV50がベースのように見えるが、実はV70やそのSUV版のXC70がベースである。但し、ホイールベースはデザインバランスと運動性能を重視して2,775mmとなり、V70に比べると約40mm短縮されている。同じSUVでもXC70がステーションワゴンベースのSUVであるのに対し、XC60は高めの全高とクーペとSUVを融合させたようなエクステリアを持つのが特徴である。 また、インテリアに関しても他シリーズでおなじみの「フリーフローティングセンタースタック」などボルボならではのスカンジナビアテイストを表現したデザインと、自然素材などの採用による上質さを特徴としている。パワーユニットに関しては欧州仕様には2.4L・直列5気筒ディーゼルエンジンと2.4L・直列5気筒ターボエンジンも設定されているが、日本仕様は最高出力285psの3.0L直列6気筒ターボエンジンかつx電子制御式AWDの「T6 SE AWD」のみの設定だった。しかし、2010年8月に最高出力203psの2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンかつFFの「T5 SE」が加わり、計2グレードとなった。トランスミッションはT6に6AT、T5には6速デュアルクラッチトランスミッション組み合わせる。装備はプレミアムクロスオーバーを標榜するだけにかなり充実していて電動パノラマ・ガラスサンルーフやHDDナビゲーションシステム、本皮革パワーシートなどを採用。安全面ではESPやフロント&サイドエアバッグなどの安全装備のほか、ボルボ独自のBLISなどが装備され、さらに市街地走行時や渋滞時などの低速走行時(時速30km/h以下)における追突事故を劇的に減少させる、日本初の低速用追突回避・軽減オートブレーキシステム「シティセーフティ」が標準で装備されている。 このほかにも、パークアシストカメラやサイドビューカメラなど装備し、細かな部分にも安全性を徹底させている。
☆ボルボ XC60(VOLVO XC60)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ XC70(VOLVO XC70)

VOLVO

ボルボ XC70(VOLVO XC70)ボルボ XC70(VOLVO XC70)の説明
T6 SE AWD エンジン
種類 DOHC水冷直列6気筒横置きターボ エンジンタイプ B6304T(ターボ付)駆動方式 電子制御AWDシステム 気筒数 6 総排気量(cc) 2953 cc
最高出力(kw) 224 kw 最高出力(ps) 304 ps Rev at max engine power 5600 rpm 最大トルク(Nm) 440 Nm 最大トルク(rpm) 2100 - 4200 rpm 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン 燃料タンク容量 (l) 70 l 車両重量 (kg) 1910 kg 車両総重量 (kg) 2185 kg 寸法 全高 (mm) 1605 mm 全長 (mm) 4840 mm 全幅 (mm) 1890 mm ホイールベース (mm) 2815 mm トレッド (前/mm) 1605 mm トレッド (後/mm) 1570 mm 最小回転半径 (m) 5.7 m 環境情報:排出ガス適合基準 平成17年排出ガス基準50%低減
☆ボルボ XC70(VOLVO XC70)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ XC90(VOLVO XC90)

VOLVO

ボルボ XC90(VOLVO XC90)ボルボ XC90(VOLVO XC90)の説明
XC90は、フォード・モーターの1ブランドであるボルボ・カーズが製造、販売するクロスオーバーSUV型の中型高級乗用車である。プラットフォームはS80や他の大型のボルボ車に使われているボルボ・P2プラットフォームであり、S80と同じくエンジンは直列5気筒と直列6気筒のガソリンエンジンを横置きする。直5はシングルターボ、直6はツインターボとなる。アメリカで最も売れているボルボ車であり、販売は売上の約25%を占める。
☆ボルボ XC90(VOLVO XC90)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ V50(VOLVO V50)

VOLVO

ボルボ V50(VOLVO V50)ボルボ V50(VOLVO V50)の説明
2003年のボローニャモーターショーにてプロトタイプが発表され、2004年5月に発表された。姉妹車としてS40がある。5ドアのステーションワゴンであり、斜線と縦格子を組合せたフロントグリルにV型のボンネットなど伝統的なボルボのデザインが見られる。プラットフォームは、マツダ・アクセラやフォード・フォーカスなどと共通の「フォード・C1プラットフォーム」を用いている。衝突安全性においては、ボディが複数のクランプルゾーン(衝撃吸収前後ボディ構造)で構成され、側面には「SHIPS」、後方には「WHIPS」と呼ばれるボルボ独自のシステムが装備されている。エンジンは1.6L・1.8L・2.0Lの直4DOHCガソリン(同じフォードグループのマツダが開発)と2.4L・2.4Lターボの直5DOHCガソリン、1.4L・2.0Lの直4DOHCディーゼルと2.4Lの直5DOHCディーゼルがラインナップされている(ディーゼルは北米では販売されていない)。駆動方式はFF/4WD。2008年モデルでは、ボディサイズの変更と1.8L直4フレックスエンジンの追加などが行われた。2009年2月27日 本国に設定されている2,0Lエンジン(145PS)に2ペダル式の6速ATを組み合わせ、MT的な操作を可能にした「2,0e」シリーズを日本市場にも追加した。
☆ボルボ V50(VOLVO V50)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ S40(VOLVO S40)

VOLVO

ボルボ S40(VOLVO S40)ボルボ S40(VOLVO S40)の説明
ボルボ・S40はボルボ・カーズが製造する前輪駆動もしくは四輪駆動のセダンである。V50の姉妹車となる。初代は1995年から、2代目は2004年から生産されている。2004年初頭から2代目となった。初代より45mmも全長を短くした。姉妹車はV50。フォード・フォーカス、マツダ・アクセラとプラットフォームを共用。2007年9月、デビュー後初のマイナーチェンジが行われた。エントリーモデルとして「2.4Aktiv」を新設しラインナップを一新する。2009年3月、新導入4気筒2リッターエンジンと新開発6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせた「2.0e」をラインナップに追加。
☆ボルボ S40(VOLVO S40)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ S80(VOLVO S80)

VOLVO

ボルボ S80(VOLVO S80)ボルボ S80(VOLVO S80)の説明
デビュー当時はボルボのフラグシップモデルであった。最初は2.9とT6が市場に投入された。2.9は2.9Lの自然吸気の直列6気筒エンジンで、T6は2.8Lの直6エンジンをツインターボで過給したモデルである。2004年モデルから直列5気筒の2.5T、2.5T AWDが投入された。全てのS80はスウェーデンのイェーテボリ工場で生産される。最初のS80は1998年5月6日に工場からラインオフした。ノルウェー王ハーラル5世がリムジンとして用いている。2006年2月現在、日本市場では2.9とT6が導入されていた。いずれも4ATのFF車であった。2006年1月31日にフルモデルチェンジ版の新型S80の写真が公開された。新型S80はV型8気筒エンジンとAWDの組み合わせと、全く新設計の3.2Lの直6を特徴とする。新型S80は同年2月28日より開催されるジュネーブ・モーターショーで公開され、6月より販売されている。日本では、2006年12月より発売が開始されたが、当初はウェブサイトでの紹介にとどまり、TVCMや雑誌等で広告をしておらず、インポーター側も販売に消極的だった。だが、2007年2月から本格的に販売を開始した。
☆ボルボ S80(VOLVO S80)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ C30 (VOLVO C30)

VOLVO

ボルボ C30 (VOLVO C30)ボルボ C30 (VOLVO C30)の説明
2006年の北米国際オートショーで「C30デザインコンセプト」を出展。同年のモンディアル・ド・ロトモビルで量産型が公開された。フロントマスクは近年のボルボを踏襲したデザインで、リアのデザインはかつて販売された「480」を髣髴させる大きなガラスハッチが埋め込まれたテールゲートが特徴となっている。エンジンはガソリンエンジンが1.6L 直4、1.8L 直4、2.4L 直5、2.5L 直5 ターボ、ディーゼルエンジンが2.0L 直4、2.4L 直5と多様である。また、1.8L 直4エンジンには最高でエタノールを85%まで含むアルコール燃料(E85)に対応したバージョン(FLEXIFUEL)がある。トランスミッションは5速および6速MT、5速ATで、駆動方式はFF。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、ESP、TCSを装備する。2007年7月、日本で発売。導入されたのは2.4L 直5、2.5L 直5 ターボのガソリンエンジン(このエンジンの改良版はフォード・フォーカスSTにも使われている)に5速ATを組み合わせたモデルのみ。2.4Lモデルにはベーシックな「2.4i Aktiv」と装備を充実させた「2.4i SE」、2.5Lモデルには「T-5」のグレードがあり、価格は285万円から387万円。また、北米では2.5L 直5 ターボエンジンを搭載する「T5」の6速MT(5速ATはオプション扱い)仕様1グレードの展開である。2009年2月27日 本国に設定されている2,0Lエンジン(145PS)に2ペダル式の6速ATを組み合わせ、MT的な操作を可能にした「2,0e」シリーズを日本市場にも追加した。
☆ボルボ C30 (VOLVO C30)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

ボルボ C70(VOLVO C70)

VOLVO

ボルボ C70(VOLVO C70)ボルボ C70(VOLVO C70)の説明
新型C70の一番の特徴は、そのフロントフェイス。2009年末に発表されたS60コンセプトに共通するデザインアイコンが採用され、現行ボルボと未来のボルボ・モデルの調和が図られている。フロントはV字型に型どられ、大きさを増したアイアンマークと大型化されたエアインテークが存在感のあるフロントフェイスを創出。エレメンツを縦方向と横方向に移動したことで立体的な奥行を演出している。ローワーグリルのディテールは、さらにデザイン性が高められており、切れ長のヘッドライトやフォグランプ周辺の装飾はラインに沿って上向きにリアへと流れるようなアングルを形成。また、ヘッドラント内側に新たに配置されたDNAライトがボルボの特徴である“Vシェイプボンネット”を際立たせ、夜間でも一目でボルボと認識する効果を高めている。ボルボ・カーズのエクステリア・チーフデザイナーのフェディ・タルマスは「100m先でなければ、ボルボと認識できなかったフロントフェイスを、200m先でもひと目で理解できるように。私たちはNewボルボC70のフェイスに明確な存在感を持たせました。そして、持ち前のエレガントな雰囲気をさらにモダンなデザインにしました」と新型C70のデザインコンセプトを語る。リアスタイルも一新。ボルボXC60と同仕様のLEDライトが埋め込まれたコンビネーションランプを採用。ランプユニットはリアパネルを構成する楕円に同化し、リアスタイルに躍動感を与えている。また、新しいリアスタイルでは、車体をより低く構え、ワイドにみせる視覚的効果を実現。ポジションライト、ブレーキライト、サイドマーカーにLEDを使用し、視認性を向上させている。インテリアでは、インストロメントパネルをC70専用デザインに変更。メーターパネルにはアルミニウムベゼルが採用され、品質感を向上。C70のインテリアの特徴といえるフリー・フローティング・センタースタックには新色を追加。1950年代にエルビス・プレスリーなどが使用したスウェーデンのハグストロームギターの仕上げに着目し、「バースト」モデルの表面がグラデーションで変化する「オイスター・バースト」をオプションおよびアクセサリーとして設定した。新型C70には、新たに時速50kmを超えると通常のブレーキングと緊急制動とを判別し、緊急時には後続車に追突の危険を伝達させるアダプティブ・ブレーキライトが標準装備される。緊急制動と判断した場合、全てのブレーキライトが毎秒4回の点灯を開始。時速10km未満になってもまだアダプティブ・ブレーキライトが作動している場合、ハザードランプが点滅し、ブレーキライトは点灯したままとなる。
☆ボルボ C70(VOLVO C70)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

買取査定に関するお問い合わせ

ワイズが選ばれる3つの理由

一番上に戻る