輸入車、外車、中古車の買取査定下取りならワイズプロジェクト。欧州車を中心に日本全国より中古車を高価買取いたします。

東京都葛飾区東新小岩4-25-23 TEL:03-5672-2020 FAX:03-5672-2060 MAIL:info@ysproject.jp 営業時間:10:00~19:00(定休日なし)

Lexus(レクサス)買取詳細

レクサス今でも多くの人が、「レクサスは、ただトヨタを高級にしたブランド」と思い違いをしているかもしれません。そんな固定概念は、20数年前までは間違ってはいなかったかもしれないが、最近のレクサスは全然違います。気づいていないかもしれませんが、最新のレクサスモデルは保守的なスタイルからは程遠くなっています。良くも悪くも、レクサスは全く違った自動車メーカーに生まれ変わろうとしています。そんな期待がどこかある高級ブランドがレクサスというブランドになります。

《買取情報》
レクサスは、車種、年式問わず高価買取の実現が可能な人気モデルであります。特にSUVモデルやコンパクトモデルは時期を間違わなければリセールの良いことが有名です。ボディーカラーよりも状態や質感、装備内容がポイントとなるでしょう。また、スポーツモデルはワイズプロジェクトでも高値で推移しております。「F」クラスは特に求められるモデルといえます。

»Lexus(レクサス)の買取査定はこちら

輸入車、外車、中古車の買取はワイズプロジェクトにお任せ下さいっ!

ワイズプロジェクトは日本全国に直営の中古車販売店舗を持ち、さらに国内外にワイズグループ独自の中古車流通網をもっているため、他の中古車買取業者様よりも高値で買取が可能です!

さらに!当店ではオプション多数の車や、特色のある車、限定車、希少車、他店では買取れない車などなど、個性の高い車はさらに高価で買取しております。※個人的趣向が激し過ぎるお車は除きます。

スピード査定→即お支払いと最短のスピードでお客様のご要望にお答えしてまいります。先ずはお気軽にお問合せ下さい。

買取価格が他店より高い!!
すぐに売って頂ける場合はさらに高額!!
個性、希少、シリーズ物はもっと高額!!
簡単、スピーディーでお待たせしません!!

レクサスの代表的な車のご紹介

レクサス LS(LEXUS LS)

Lexus

レクサス LS(LEXUS LS)レクサス LS(LEXUS LS)

あなたを触発する、レクサスの香り。ふと目にした一瞬にも、オーナーとなって時間を共にする日々においても、LSが放つ個性は、いつでもあなたを夢中にさせるに違いありません。クリエイティブな感性に匠の技を融合した、アーティスティックなデザイン。洗練されたフィーリングとともに味わう、鮮烈のダイナミズム。空間のしつらえにおける、本物の豊かさ、心地よさ。レクサスのフィロソフィーを最も濃密に体現するフラッグシップセダン。あなたのライフスタイルは、LSを基準に変わり始めます。レクサスブランドのフラッグシップサルーンでレクサスの代表的な車といえます。「ときめき」と「やすらぎ」に満ちた最高の時間を提供するというコンセプトを具現化ております。外観デザインはレクサスのデザインコンセプトを表現し、存在感と美しさを両立した高級セダンです。

☆レクサス LS(LEXUS LS)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス SC(LEXUS SC)

Lexus

レクサス SC(LEXUS SC)レクサス SC(LEXUS SC)

トヨタソアラであったSCは、「レクサスの華」をテーマに極限の美しさを追求したスポーツクーペで、電動開閉式メタルトップを採用し、耐久性や耐候性を気にかける必要のないオールアルミ製ルーフで、オープンもクローズも30秒とすばやく稼働します。インテリアの本木目パネルは、天然木を匠の技で加工した高級家具のような仕上がりを見せ、またシートカラーとコーディネートできるように、4タイプを揃えております。グレードは、SC430/ザ・エターナルジュエルのグレードが発売されております。

☆レクサスSC(LEXUS SC)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス LFA(LEXUS LFA)

Lexus

レクサス LFA(LEXUS LFA)レクサス LFA(LEXUS LFA)

2010年12月に発売が予定されている、レクサスブランドの2人乗りスーパーカーである。「IS F」に始まったレクサスのプレミアムスポーツ「F」シリーズの頂点に立つと同時に、「世界超一級レベルの運動性能と超一流の感性と官能を持ち合わせるスーパースポーツカー」として世に送り出すべく開発された、同ブランド初のスーパースポーツカーである。2005年と2007年にプロトタイプコンセプトカー「LF-A」が公開され、2009年の東京モーターショーで市販モデル「LFA」が発表された。製造は2010年に開始される。2009年10月21日、日本にて開催された第41回東京モーターショーの開幕初日にて市販仕様車が世界初公開された。正式な車名は、同車の開発に大きく貢献したコンセプトカー「LF-A」に敬意を払ってハイフンが取られた同じ「LFA」と命名された。0-100km/h加速は3.7秒で最高時速は325km/hを超えるという本格的な超高級スーパーカーである。世界56か国で500台の限定販売となり、日本では165台を販売予定である。販売価格は日本円で3,750万円以上と発表された。販売台数限定のため通常のレクサスブランド車とは販売方式が異なり、発表日より予約が募られてから2010年4月には正式に「LFA」の購入者が決定する。当初は発表当日の2009年10月21日から翌2010年3月21日までの半年間に渡って予約を募る予定となっていたが、日本国内では発表以後メーカーの予想を大きく上回る反響があり、日本市場では販売台数165台に対してその数倍となる予約が集まったため、当初の予定よりも2か月早い2010年1月13日をもって購入予約が締め切られた。また、同年1月中には購入希望者数が世界累計で500人を超えたが、日本国外においては3月半ばまで予約が受け付けられた。2010年12月より市販仕様車の生産を開始し、前述の方式で決定したオーナーに引渡し・納車となる。また、2012年にはサーキットでの走行を前提に置いた高性能仕様となる「サーキットバージョン」(欧州名:「ニュルブルクリンクパッケージ」)も50台限定で製造予定となっている。
☆レクサス LFA(LEXUS LFA)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス RX(LEXUS RX)

Lexus

レクサス RX(LEXUS RX)レクサス RX(LEXUS RX)
トヨタ自動車の高級ブランド、「レクサス」から販売されているSUVである。現在販売されているのは第3世代モデルであるが、初代と第2世代モデルについて、日本国内に限っては、「トヨタ・ハリアー」として販売されていた。また、レクサスブランドの車種で唯一海外でも生産されているモデルである。「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発され、1997年に発表された。「高級クロスオーバーSUV」の先駆的モデルであり、その商業的な大成功の後には、世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されている。また、2005年には、高級SUVとしては、世界ではじめて電気モーターを併用するハイブリッドモデルがラインナップに追加された車種でもある。日本では、装備やエンジン構成を変更した同型車を「トヨタ・ハリアー」の名称で販売。2009年1月、日本国外モデルのフルモデルチェンジを期に国内にもレクサスRXが導入されたが、ハリアーの2.4L車及びハイブリッド車は現在も併売されている。
☆レクサス RX(LEXUS RX)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス GS(LEXUS GS)

Lexus

レクサス GS(LEXUS GS)レクサス GS(LEXUS GS)

この先に、かつてない歓びが待っている。グランドツーリングセダンの本質をつねに追求し続ける、GS。そのデザインは独自の美しさを映し出し、感性を刺激する。そのドライビングはクルマと一体となって、心に翼を与える。品格と躍動感のさらなる深まりはクルマに近づき、乗り込み、
アクセルを踏むと同時にあなたを未知の歓びへと旅立たせる。レクサスミドルセダンとは言わせないかつてない躍動感あふれる高級セダンを感じることとなるだろう。

☆レクサス GS(LEXUS GS)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス GSF(LEXUS GSF)

Lexus

レクサス GSF(LEXUS GSF)レクサス GSF(LEXUS GSF)

あなただけの走る歓びを、手に入れる。意のままに操る楽しさに、決まりはない。交差点を曲がるとき、サーキットを駆け抜けるとき。乗る人それぞれの、笑顔になれる瞬間がある。一般道からサーキットまで、多彩なシーンで走りを楽しめるGS Fは、さまざまな場面で心を魅了する瞬間と出会えるスポーツカー。どんな歓びを手にするか。それは、あなたが決める。走りを追求した貴方にならこの豊かさが伝わるだろう。時代を駆け抜ける次世代型スポーツカーといっても過言ではない。スポーツカーに乗る最大の歓びとは、意のままにクルマを操る感覚を知ること。すべてのドライバーが操る歓びを体感できるように、GS Fは“F”の血統である「サウンド」「レスポンス」「伸び感」を感じることができる。世界各地のサーキットで徹底した走り込みによって引き出した卓越したポテンシャルは、サーキットを一人で走るときも、一般道を大切な人と走るときも、ドライバーをきっと笑顔にしてくれるはず。

☆レクサス GSF(LEXUS GSF)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス IS(LEXUS IS)

Lexus

レクサス IS(LEXUS IS)レクサス IS(LEXUS IS)

365日、走る愉しさが日々増してしまう車。走ることが愉しい。実に感覚的な言葉だ。そんな言葉が一番似合うのが、ISなのかもしれない。日本に一番適したサイズ感を圧倒的なデザインと迫力のあるフェイスで感動を覚えてしまうだろう。意のままに操る走りも、クルマと対話するような走りもドライバーの感性によって違う。その数値では測れない感覚を、徹底的に磨き上げたIS。俊敏なハンドリングと爽快な加速フィーリングに、退屈な時間は存在しない。毎日が、心躍る走りとの出会いへと変わる。

☆レクサス IS(LEXUS IS)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス ISF(LEXUS ISF)

Lexus

レクサス ISF(LEXUS ISF)レクサス ISF(LEXUS ISF)

IS-Fは「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることによりレクサスの新しいパフォーマンスを提案する」というコンセプトのもと、レクサスの中型FRセダン「IS」をベースに開発されたスポーツモデルで、「F」トヨタF1の本拠地である「富士スピードウェイ」の名を冠する同ブランド初のモデルである。トヨタ自動車全体としても、大排気量の本格派スポーツモデルとしては2002年まで生産されていた「スープラ」以来となり、またハイパフォーマンス・スポーツセダンとしても「アリスト」以来となる。2014年某月、販売製造が終了となる。日本メーカーの歴史に残る名車としての地位も近いか・・・・

☆レクサス ISF(LEXUS ISF)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス HS(LEXUS HS)

Lexus

レクサス HS(LEXUS HS)レクサス HS(LEXUS HS)

地球や子供たちの未来を想いながら、卓越したテクノロジーで人の心を豊かにすること。それが、ハイブリッドのあるべき姿だとレクサスは感じている。環境に負担をかけず、心地よくドライビングを愉しめるように配慮し、そして、飾り立てた美しさを競うことなくセンスと響きあい、自然体のあなたと寄り添うためにHSが生まれた。モダンな上質さは失われることなく、またTOYOTAとは違った品質感でミドルクラスながらも高級感を感じることができるであろう。

☆レクサス HS(LEXUS HS)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス LC(LEXUS LC)

Lexus

レクサス LC(LEXUS LC)レクサス LC(LEXUS LC)

LCは、デザインイメージ大切に魂を込めた一台といってよいだろう。新しいプラットフォームの機会を得たことを最大限に活かし、レクサスの新しい時代が幕を開ける。プラットフォームのレイアウトには、エンジンをフロントアクスルの後方・低位置に配置したフロントミッドシップレイアウトを採用。これによって、クルマの運動性能が向上するだけでなく、エンジンルーム上方に余裕が生まれ、低いフードのデザインが可能となった。この特徴を活かして低く伸びやかなフロントフードからルーフラインへとつながる、ダイナミックなプロポーションは今までに無いスポーツカーデザインを確立させるだろう。大人の色気を感じさせるエレガンスで統一したテイストはスポーツだけにとどまらない。見れば見るほどに味わいを深めるクーペとして、LCは唯一無二の存在感を放ち始めただろう。

☆レクサス LC(LEXUS LC)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス RCF(LEXUS RCF)

Lexus

レクサス RCF(LEXUS RCF)レクサス RCF(LEXUS RCF)

RC Fは、アグレッシブな意匠と、サーキット走行ができる本格的プレミアムスポーツカー!“F”のスポーツイメージをけん引していくモデルが立ち位置となる。新型スポーツクーペRCをベースに、エンジン、足回り、空力パーツなどに専用装備や先進技術を採用。走りを楽しみたい人なら誰でも、運転スキルに関係なく笑顔になれるスポーツカーの具現化のために、一般道からサーキットまで、どんな場所でも走りが楽しめるよう走行性能を磨き上げた。FR車世界初の駆動力制御システムTVDを開発しオプション設定とした。TVDは、走行状態に応じて後輪左右の駆動力を最適に電子制御し、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する。制御モードは、STANDARD/SLALOM/CIRCUITの3つのモードを設定した。そして、スポーツモード付VDIMには、自らのスキルでサーキット走行を楽しみたいドライバーのために、基本的にVDIM制御をオフ状態としながら、万一の際には車両挙動の乱れを緩和する制御が働くEXPERTモードを新設定。さらに、上下加速度センサーを採用したABS制御や、新設定のTVDとの協調制御によりVDIM機能を進化させて、高い車両安定性と走りの楽しさを両立した。パワートレーンは、シリンダーヘッドやコンロッドなどを刷新したほか、直噴技術D-4SやDual VVT-iの吸気側にVVT-iEを採用した新型V8 5.0Lエンジンにより、自然吸気ならではの気持ちの良いエンジン回転の伸び感とレスポンスの良さを実現。街中などでの低負荷走行時には、アトキンソンサイクルでの燃焼に切り替え、低燃費と高出力を両立した。8-Speed SPDSは、Mポジション選択時に最短0.1秒で変速し、本格的なスポーツドライビングを提供する。ブレーキには、フロント/アルミ対向6ピストン、リヤ/アルミ対向4ピストンモノブロックキャリパーを採用。サーキット走行で求められる強力な制動性能はもちろん、ペダル操作による繊細なスピードコントロールが可能なチューニングを施している。
ボディ剛性では、RCで採用した大断面のロッカーパネル、レーザースクリューウェルディングなどに加えて、RC Fでは、専用のフロアアンダーブレース、リヤパーテーションブレースなどを追加し、過酷なサーキット走行にも対応する強固な骨格を実現した。そして、グリップ性能の高いワイドな19インチ大径タイヤを採用するとともに、サスペンションはパーツを新設計し、高いサスペンション剛性の確保とロール剛性の適正化を行った。クーペならではの低く構えたワイドスタンスを生かし、アグレッシブな走りを予感させるスタイリングを構築した。LEXUS初の“F”専用漆黒メッキグリルモールを採用し、大型ブレーキ冷却ダクトを設置したスピンドルグリルと、フロントバンパーの両サイドに位置するオイルクーラー開口部形状でダブルのスピンドルを形成し、RC Fの独自性を表現した。

☆レクサス RCF(LEXUS RCF)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス CT(LEXUS CT)

Lexus

レクサス CT(LEXUS CT)レクサス CT(LEXUS CT)

CT200h(シーティー200エイチ、Lexus CT200h)は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド店舗「レクサス店」から販売されている小型(Cセグメント)ハッチバック型ハイブリッドカーである。レクサス車では一番コンパクトで安価なモデルである。

☆レクサス CT(LEXUS CT)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス LX(LEXUS LX)

Lexus

レクサス LX(LEXUS LX)レクサス LX(LEXUS LX)

トヨタ「ランドクルーザー」譲りの強靭なラダーフレームを持ち、高級SUVの中では数少ない高度なオフロード走行性能を併せ持つモデルである。2代目モデル以降はV型8気筒エンジンとフルタイムAWDの組み合わせとなっている。最強SUV×最高SUVを併せ持つ、トップオブトップのSUVである。乗ればわかるさこの迫力!!乗らなくてもわかるさこの迫力!!インテリアの充実ぶりは尋常ではないことに誰もが気づくであろう。一度は乗ってみたくなる最高峰SUVである。

☆レクサス LX(LEXUS LX)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

レクサス NX(LEXUS NX)

Lexus

レクサス NX(LEXUS NX)レクサス NX(LEXUS NX)

NXは、「Premium Urban Sports Gear*2」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備え、全世界で好評を博してきた。今回発表の新型NXでは、エクステリアデザインをさらに進化させ、洗練された力強さを表現。インテリアは一層の質感向上を図るとともに、先進装備を充実させ、快適性・利便性を高めている。さらに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、安全運転支援の強化を図った。新型NXの日本での発売は、2017年秋頃を予定している。なお、LEXUSはターボエンジン搭載ラインアップの充実に鑑み、搭載車の名称を随時変更していく。今回発表のNXについては、2ℓターボエンジン搭載車をNX300とする。

☆レクサス NX(LEXUS NX)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

買取査定に関するお問い合わせ

ワイズが選ばれる3つの理由

一番上に戻る