輸入車、外車、中古車の買取査定下取りならワイズプロジェクト。欧州車を中心に日本全国より中古車を高価買取いたします。

東京都葛飾区東新小岩4-25-23 TEL:03-5672-2020 FAX:03-5672-2060 MAIL:info@ysproject.jp 営業時間:10:00~19:00(定休日なし)

Ferrari(フェラーリ)買取詳細

フェラーリフェラーリ(Ferrari S.p.A )は、世界で最も有名なスポーツカーのメーカーで、超高級のスポーツカーとして多くのユーザーに夢と憧れを抱かせるクルマである事、これは世界中の誰もが知っている周知の事実と言っても過言ではない程の有名なメーカーです。車のラインナップは、348・360モデナ・456GT・456M・512TR・550マラネロ・550マラネロ・F355・F40・F430・テスタロッサ・モンディアルt・430スクーデリア・458イタリア・599・612スカリエッティ・カリフォルニアなど数多くの有名スポーツカーを出しております。

»Ferrari(フェラーリ)の買取査定はこちら

輸入車、外車、中古車の買取はワイズプロジェクトにお任せ下さいっ!

ワイズプロジェクトは日本全国に直営の中古車販売店舗を持ち、さらに国内外にワイズグループ独自の中古車流通網をもっているため、他の中古車買取業者様よりも高値で買取が可能です!

さらに!当店ではオプション多数の車や、特色のある車、限定車、希少車、他店では買取れない車などなど、個性の高い車はさらに高価で買取しております。※個人的趣向が激し過ぎるお車は除きます。

スピード査定→即お支払いと最短のスピードでお客様のご要望にお答えしてまいります。先ずはお気軽にお問合せ下さい。

買取価格が他店より高い!!
すぐに売って頂ける場合はさらに高額!!
個性、希少、シリーズ物はもっと高額!!
簡単、スピーディーでお待たせしません!!

フェラーリの代表的な車のご紹介

フェラーリ 458 イタリア(Ferrari 458 Italia )

Ferrari

フェラーリ 458 イタリア(Ferrari 458 Italia )フェラーリ・458イタリア(Ferrari 458 Italia )は、古くからフェラーリのほとんどの車種を手がけているデザイン会社のピニンファリーナが行なっており、先端が長くて低いボンネット、滑らかな稜線を描く屋根、隆起したフェンダーといったフェラーリのミッドシップ車の伝統を受け継いでいます。内装はミハエル・シューマッハの意見が多数取り入れられたものとなっており、例えば新しいステアリングホイールには様々な機能が盛り込まれおり走行時の車両の調整、ダッシュボード上のモニターなどの操作ができるようになっています。フェラーリの公式データでは0-100km/h加速3.35秒、最高速度325km/hを発揮し、燃費は13.7L/100km、二酸化炭素排出量は320g/kmとの記録が公表されております。
☆フェラーリ 458 イタリア(Ferrari 458 Italia )の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ599GTO(Ferrari 599 GTO )

Ferrari

フェラーリ599GTO(Ferrari 599 GTO )フェラーリ599GTO(Ferrari 599 GTO )名前のGTOというのは、Gran Turismo Omologataの頭文字をとったもの。フェラーリはこれまでにもレースカーに近い高性能モデルにこの名を与えており、古くは1962年に250GTOを送り出している。599GTOのモディファイの内容は、エンジン、シャシー、ブレーキ、エアロダイナミクスパーツなど多岐にわたる。エンジンは、599よりも50ps増となる670psの6リッターV12を搭載。トランスミッションはセミオートマのF1ギアボックスが組みあわされる。これは599XXと同様、ギアチェンジにかかる時間が60ミリセコンド以下と、素早い変速が可能となっているものだ。ブレーキは、進化型のカーボンセラミックブレーキを採用。タイヤサイズも599と異なり、フロントに285/30-20、リアは315/35-20サイズが組みあわされる。車体は、ボディパーツの軽量化や薄型ガラスの採用などにより1495kgまで軽量化されており、パワーウェイトレシオは2.23kg/hpを誇る。0-100km/h加速は3.35秒、最高速度は335km/h。フィオラノのテストコースを1分24秒で走るポテンシャルを持つという。フェラーリは599GTOを、全世界で599台限定で販売するという。
☆フェラーリ599GTO(Ferrari 599 GTO )の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ・カリフォルニア(Ferrari California )

Ferrari

フェラーリ・カリフォルニア(Ferrari California )フェラーリ・カリフォルニア(Ferrari California )は、2008年のモンディアル・ド・ロトモビル(パリ・モーターショー)で発表された2+2モデルで、2009年から発売された。車名のカリフォルニア(California)とは、同社の250GTのカリフォルニア・スパイダーから来ている。モデルラインアップ的には612スカリエッティのV8版と言った位置付けとなる。これでV8フェラーリはカリフォルニアと458イタリアの2車種となる。エンジンは4297ccV8で、同社初となるガソリン直噴エンジンを採用し、最高出力460馬力/7500rpmを発生させる。駆動方式は612以来のFRで、V型8気筒のFRはフェラーリ初となる。シャシー・ボディはアルミ製で、これもフェラーリ初となるクーペカブリオレ式コンバーチブルとなっている。ミッションは7速デュアルクラッチ式オートマチックマニュアルトランスミッションを採用しており、ギアチェンジの際に発生するロスを軽減している。
☆フェラーリ・カリフォルニア(Ferrari California )の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ 430スクーデリア(Ferrari 430 Scuderia)

Ferrari

フェラーリ 430スクーデリア(Ferrari 430 Scuderia)「フェラーリ430スクーデリア(Ferrari 430 Scuderia)」の車重は、F430から約100kg軽量化された1250kg(乾燥重量)。一方で、搭載される4.3リッターV8エンジンは、ベース比27psアップの510ps/8500rpmを発生し、パワー・トゥ・ウェイトレシオは実に2.45kg/psとされる。また新技術として、ギアボックスに最新のF1ソフトウェア「スーパーファースト」を搭載し、シフトチェンジに要する時間を短縮。加えて、「エレクトリック・ディファレンシャル(E-Diff)」と、「F1 Trac」と呼ばれるトラクション・スタビリティコントロールが統合制御され、サーキット走行から普段のドライブまで、様々なシーンでより高いパフォーマンスを発揮することが可能になったという。
☆フェラーリ 430スクーデリア(Ferrari 430 Scuderia)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ・F430 (Ferrari F430)

Ferrari

フェラーリ・F430 (Ferrari F430)フェラーリ・F430 (Ferrari F430)は、フェラーリの主力モデル。F355~360モデナと続くV型8気筒エンジン搭載車の系譜を受け継ぐモデルだ。左右に大きな開口部を持つフロントデザインが特徴的。F430にもさまざまなF-1テクノロジーが採用されている。ステアリングの裏面に設けられたパドルによって変速操作を行うF-1タイプギアボックスを始め、エレクトロニックディファレンシャル、スタビリティ&トラクションコントロール、コミュータースイッチなどがそれ。もちろんパワーユニットやシャシー、エアロダイナミクスなどにもF-1テクノロジーはダイレクトにフィードバックされている。F-1によるクルマの進化を市販車として体現しているのがF430なのだ。
☆フェラーリ・F430 (Ferrari F430)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ・スクーデリア・スパイダー16M(Ferrari Scuderia Spider 16M)

Ferrari

フェラーリ・スクーデリア・スパイダー16M(Ferrari Scuderia Spider 16M) フェラーリ・スクーデリア・スパイダー16M(Ferrari Scuderia Spider 16M) は、フェラーリが16度目のF1コンストラクターズチャンピオンを獲得したのを記念した限定車で、わずか499台が生産される。F1記念モデルらしく、軽量バケットシートが奢られるほか、リアのグリルとダッシュボードには限定車を示すエンブレムを装着。専用のストライプも識別点となる。また、i-Pod対応のオーディオも採用。リアのディフューザーや上方配置のマフラーは430スクーデリアと共通アイテムだ。
☆フェラーリ・スクーデリア・スパイダー16M(Ferrari Scuderia Spider 16M)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ・612スカリエッティ(Ferrari 612 Scaglietti )

Ferrari

フェラーリ・612スカリエッティ(Ferrari 612 Scaglietti )フェラーリ・612スカリエッティ(Ferrari 612 Scaglietti )は、456Mの後継車であるが2+2シーターの456Mより室内を拡大、大人4人が乗れる真の4人乗り車として開発された。名称の由来は排気量約6Lのエンジンであること、12はエンジンの気筒数から。スカリエッティという名前は、1950年代~1960年代に於いてフェラーリと強力なパートナーシップを築き、多くのコンペティションモデルの製作を手がけたボディ製作工場のオーナー、セルジオ・スカリエッティに由来する。
☆フェラーリ・612スカリエッティ(Ferrari 612 Scaglietti )の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ・599(Ferrari 599GTB Fiorano )

Ferrari

フェラーリ・599(Ferrari 599GTB Fiorano )フェラーリ・599(Ferrari 599GTB Fiorano )は、575M の後継車種であり、フェラーリのフラグシップを担うFRの2シーターグラントゥーリズモである。5999ccのエンジンを搭載することから「599」の名称が付けられた。スタイリングは、かつてピニンファリーナに在籍していたジェイソン・カストリオタ(Jason Castriota )が手掛けている。本国発表の正式名称は『Ferrari 599GTB Fiorano』(フェラーリ599GTBフィオラノ)だが、日本では既に『GTB』をトヨタ自動車が、『フィオラノ』をオートバックスセブンがそれぞれ先に商標登録していたため、日本限定で『599』として発表された経緯がある。そのため日本では海外記事の翻訳でも『599』と訳される。フィオラノとは北イタリアはモデナ県フィオラーノ・モデネーゼにあるフェラーリのテストコース、フィオラノサーキットが由来。
☆フェラーリ・599(Ferrari 599GTB Fiorano )の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ 360 モデナ(Ferrari 360 Modena)

Ferrari

フェラーリ 360 モデナ(Ferrari 360 Modena)フェラーリ 360 モデナ(Ferrari 360 Modena)は、1999(H11)年に日本導入が始まったフェラーリのエントリーモデル。V8エンジンをミッドに積む本格スポーツカーである。F355までのモデルとは全く異なる、オールニューモデルだ。360という名前は搭載するV8ユニットの排気量、すなわち3.6Lを表すものだ。V8を積むフェラーリのことを12気筒を積むフェラーリと区別をしてピッコロフェラーリ(小さなフェラーリ)と呼ぶ習わしがあるが、この360シリーズはそう呼ぶのが憚れるほど大きくなった。ボディディメンジョンはかのテスタロッサ並みに大きくなっており、その性能も段違いに向上しているからだ。全体のデザインはフェラーリの定石通りピニンファリーナが担当。大型化された理由は主に衝突安全性能の向上にあった。400psを発生するV8エンジンには6MTもしくは、F1マチック(セミオートマ)を組み合わせる。人気は誰でも乗りこなせるF1マチック車。クーペボデイをモデナ、電動オープンモデルをスパイダーと呼ぶ。
☆フェラーリ 360 モデナ(Ferrari 360 Modena)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

フェラーリ・F355(Ferrari F355)

Ferrari

フェラーリ・F355(Ferrari F355)フェラーリ・F355(Ferrari F355)は、1994年5月、マラネロのフェラーリ本社にて発表された。「F355」の車名は排気量約3,500cc・5バルブのパワーユニットを搭載していることに由来する。美しいラインを持つクーペ(ベルリネッタ)ボディのスタイリングは先代348シリーズに続き、イタリアのカロッツェリア「ピニンファリーナ」が手がけたもの。348のラインを受け継ぎながらも、フィンなどの余計な突起を廃した、より曲線的で艶やかなデザインを採用している。
348シリーズで採用されたセミモノコックフレーム構造は継承され、より改良されたものが採用されていた。縦置きに搭載されるパワーユニットは5バルブ化された新開発の90度 3,495cc V型8気筒DOHC「F129B」型で、ボッシュ社のモトロニック(前・中期型はM2.7、後期型はM5.2)で制御され、最大出力380PS/8,200rpm、最大トルク36.7kg·m/5,800rpmを発生。ギアボックスはフェラーリ初の6速MT。高回転化に対応するべく、鍛造アルミ製ピストンやチタン製コンロッドなどの贅沢な素材が多く使用されていた。また、高回転化は数値だけでなく、フェラーリの持つ魅力のひとつである「音色」にも貢献。348と比較して、より官能的なエキゾーストノートを奏でることが可能になっていた。
☆フェラーリ・F355(Ferrari F355)の買取ならワイズプロジェクトにお任せください☆

買取査定に関するお問い合わせ

ワイズが選ばれる3つの理由

一番上に戻る